デジタルスケッチ倶楽部はこんな活動をしています

デジタルスケッチ倶楽部はその技術で描画した作品を基にして、まちづくりや地域の活性化、ご家族や仲間との思い出作りを行っています。

まちづくり等では普段は意識する事のないまちの姿を素敵な作品にすることでまちの再認識を促して、きっかけを作ります。またイベント等では家族や友人が揃ったその時の記念を絵にして残すことで、貴重な思い出づくりをサポートしています。さらに、そのデジタルスケッチ作品を誰もが楽しんでもらえるように手法を解説した書籍も出版していて、みなさんにも楽しんで頂けるように活動しています。

・まちづくり・地域の活性化

​・ご家族や友人達との似顔絵

・手法書籍の出版、教育

家族ポートレート

絵手紙

風景画

書籍の出版

○イベント参加

私達はデジタルスケッチ手法を使って、イベント等ではその場で描く似顔絵ポートレート制作や風景画スケッチ画制作を行っています。その場でお客様に見てもらいながら撮影した写真を絵にしていきます。人物は数名揃っての作品が出来ますので、家族や友達が集まって作れます。ペットとの作品も喜ばれることが多いです。

似顔絵イベント

○身近な場所を描く

住んでいる人には当たり前の場所であってもそこが絵になる事はそう多くはありません。デジタルスケッチ手法を使うことで私たちのまちを作品にすることが容易になります。意識することは少ないですが、まちの素敵な場所はどこにでも沢山あります。

バラ公園

まちの路地

○デジタルスケッチの普及

デジタルスケッチ手法を多くの皆さんに楽しんで頂けるように、デジタルスケッチ倶楽部では、その手法を解説した本を出版したり、適時スクールを開催したりしています。ご興味の有る方はお問合せください。

書籍

スクール開催チラシ